スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/-- --:-- | スポンサー広告
スウェーデン、フィンランド 旅
そういえば、ここに書いていなかったけれど、
8月、マルモ(スウェーデン)-->ヘルシンキ-->ストックホルム-->プラハ を旅してきました。
正確には、マルモ近くで開催された友達の結婚式のついでにヨーロッパを周遊といった感じで。

コンデジで撮った写真を少しだけご紹介。

-----

いつも思うけれど、コペンハーゲンの空港の着陸間際の風景がとてもきれいだ。

コペンハーゲンとマルモをつなぐ橋


友人結婚式は、ルンドあたりから1時間くらい車で走ったところにあるクロノバールス城というところで開催された。
世界各国から色んな人が集まっていて、彼女の人脈の広さに感心。
教会での挙式、サプライズの歌、荘厳なお城の広間でのパーティなど日本では味わえない感じ、素晴らしかった!

スウェーデンでの友人結婚式

夜通し続いたパーティの翌日、すぐにフィンランドへ。やっぱり飛行機から見る景色が美しい。

フィンランドへ渡る 群島がきれいだ

フィンランドと言えば、イッタラ・アラビア。
ヘルシンキ郊外のアラビア地区にあるアラビアの工場を見学してきました。

イッタラ アラビア 工場見学

残念ながら、工場見学中の撮影はできなかったが、フィンランドを代表するブランドとしての
ブランドの価値を守り成長させていこうという姿勢があふれていて、本当にためになった。
アラビアでは、自社の工場内にアーティストのアトリエを用意していて、
そのアーティストが自由に自分の作品を作ることができる環境を用意しているらしい。
そのアーティストの活動が、全然アラビアと関係なくても大丈夫で自由に創作できるらしい。すごい。
ヘルシンキへ行ったなら、是非ともアラビア工場見学はしたほうが良いと思う。

イッタラ アラビア 工場見学

さらに、フィンランドと言えば、マリメッコ。ディスプレイがカワイイ。

ヘルシンキのマリメッコ

日本人の間では、フィンランドと言えばかもめ。

ヘルシンキ かもめ

そう、かもめ食堂。食堂の中は日本人でいっぱいだった。

かもめ食堂 カハビラスオミ

奥に見える客船が、シリヤライン。フィンランドとスウェーデンを結ぶ。

シリヤライン

ヘルシンキからストックホルムへ、シリヤラインで渡った。17時に乗船して翌日の9時くらいに到着する。

シリヤラインの窓から 群島をみる

ストックホルムでは、日本で知り合ったスウェーデン人の友人たちと合流し、
郊外で開催していた、ジェームス・タレルの展示をみてきた。草や木しかないような郊外で広い敷地での展示。
新潟の光の館も圧巻だったが、この展示もすごかった。
写真を見せられないのが残念だけれども、というか写真では表現できないのだけれど、ただただすごかった。
光の色の移り変わりを感じる。「See Color!」というコピーがぴったりだった。

ジェームス・タレル展へ

その後、ストックホルム近くの島に移動して、皆でBBQ。

島でBBQをした スウェーデン人の友人は海へ飛び込む

静かな森のそばの岩場、静かな海、四方に島々、本当に美しい環境。

スウェーデンBBQ
 
そんな環境でBBQをしたりして育つスウェーデン人。
BBQ開催中と知って、次々に友達の友達が集まって来て、みんなが仲良くなってマシュマロを焼いたり。
人間らしく、のびのびと生きる生活スタイル、すばらしいなぁ~
外から見える良い面だけではないそうだけれども、良い人間が育つ環境であることは確かだと思った。

スウェーデンBBQ マシュマロ


では、次回はチェコでの写真をご紹介します。
 


スレッドテーマ [ 写真 … 旅の写真 ]
09/28 07:36 |  | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://51k.blog88.fc2.com/tb.php/367-20d2e252
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 コイケタカユキ All Rights Reserved

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。